みきぷるーんの苗木

理想と妄想と現実

【S14使用構築&最高レート1999】みずた まりinインド (メガフーディン軸)

【はじめに】

 
こんにちは。
題名はふざけてますが、初めてのちゃんとした記事なので頑張って書きました!
かなり長いですがお付き合いください🙌
 
ナンとカレーって美味しいですよね〜🎵
先日友達にインドカレーの店に連れて行ってもらったのですが、生まれて初めての本格的なカレー屋さんで、その美味しさに感動しました✨
f:id:M_Prune:20160314125932j:image
(画像はあるカレー屋さんから借用)
 
さて、皆さんシーズン14お疲れ様でした!
 
フーディンという初めて使うメガポケモンを軸としたパーティで不安しかなかったのですが、最高レート1999というところまで来ることができたことは嬉しく思います🌟
 
 
正直レート2000に載せることができなかったですし個人的にはまだまだ煮詰めていける構築だと思っているので、記事を書くつもりはなかったのですが「記事を見たい!」という方が多くいたので書くことにしました。背中を押してくれてありがとうございます🙇
 
まず今回紹介したいパーティを組むに至った流れですが、今シーズンは普段使わないポケモンで遊びたいな、と思っていたところナワジョティというインドカレー屋さんのツイートのコピペがTwitterのTLに流れてきたのでインドっぽいポケモンフーディンを使おうと思いました。感謝でいっぱいです。ナマステ🙏🙏
 
どうですか?じわじわきませんか?w
 
ですが、いきなりパーティを組むのは難しいと思ったためフーディンを軸としたパーティをネットで調べ、様々な記事を参考にしながらパーティを組んでいきました。そこで注目したのはフーディン起点作り性能の高さとタイプ相性を利用したフーディンキザンやフーディンマリルリという並びです。
どちらも試してみたのですが、今のレート環境に多い対面厨パへの動きやすさを考えると、キリキザンの火力では物足りなく、また先制悪技よりもマリルリ先制水技の方が通りが良いと感じたため、フーディンマリルリの並びを採用しました。
 
 
前置きが長くなりましたが今回紹介したいパーティはこちらです。
 
f:id:M_Prune:20160314015115g:plain f:id:M_Prune:20160314015554g:plain  
 
f:id:M_Prune:20160314015608g:plain f:id:M_Prune:20160314015602g:plain
 
f:id:M_Prune:20160314015615g:plain f:id:M_Prune:20160314015831g:plain
 
【個別解説】
ガブリアス@ヤチェの実
f:id:M_Prune:20160314015608g:plain
 
 
特性:鮫肌
性格:陽気
努力値:H60 A4 B188 D4 S252
実数値:191-151-139-×-106-169
技: 地震、岩石封じ、ステルスロック、毒毒
 
A特化メガガルーラの秘密の力2発をどちらの攻撃も最高乱数を引いたとき以外耐え
A特化メガガルーラの冷凍パンチをヤチェ込みで最高乱数以外耐えする調整になっています。
 
ステロを撒いてマリルリの全抜きサポートをするのが仕事で、特にガルーラを意識した調整にしました。
初手でガルーラと対面した際はまずステロから入ります。
秘密の力を打たれた場合は2発目も耐えるので2ターン目は地震を選択し、3ターン目は毒毒か地震を選択します。不意打ちを持っているガルーラは大抵3ターン目は不意打ちを選択してくるのでそこで相手のガルーラの不意打ちの有無を確認します。(上手く択に勝てばガルーラを突破できます。)
冷凍パンチを打たれた時も同じように不意打ちの有無を確認します。不意打ちを打たれても裏のフーディンでアンコールすればこちらが有利に立ち回れます。
またガブガブ対面になっても捨て覚悟でステロを選んでましたが、ほとんどのガブリアスが引いていきました。裏にマリルリヒードランナットレイと逆鱗をキャッチできるポケモンが多くいるので相手としては初手逆鱗を押しにくいのだと思います。
 
このガブリアス単体としては、かなり耐久に振っているので「耐久無振りだろうし倒せるだろう」と思って甘えた立ち回りをしてきた相手を分からせたことが何度もありました。
 
 
フーディン@メガ石 
f:id:M_Prune:20160314015115g:plain
 
特性:マジックガード(メガ後トレース)
性格:臆病
努力値:H100 B244 C12 D12 S140
実数値: 143-×-96-157-117-173
(メガ後)143-×-116-197-117-206
技:サイコキネシス、アンコール、守る、金縛り
 
努力値振りはライカさんという方のフーディンを参考にさせていただきました。
メガ後最速135族抜き、H16n-1で、ダウンロード対策をしながらできるだけ物理耐久を高めています。
 
今回の構築の主役です。ガブリアスが削った相手を倒し、残りの相手を削って起点を作りながら裏に繋げるのが仕事です。
常にどうすれば勝てるか、ということを考えながらプレイすることが求められるため面白いポケモンでした。
メガ後の特性トレースによってメガバシャーモにSを抜かれず処理することができたり、積んだピクシーも天然トレースからのアンコールで対策ができたり、ボルトロスの悪戯心をトレースして電磁波を縛って麻痺せず処理など面白い動きがたくさんできました。
また相手が少しプレミをした際アンコールや金縛りなどの補助技により相手は交換せざるをえなくなります。相手をサイクルさせることが多かったためフーディンとステロの相性は抜群でした。Cに全然努力値を振っていませんが大体の敵を確2で落とせるほどの火力があるので、補助技で相手のポケモンを流し、流し際に1発と次のターン上から放たれる2発目のサイキネによって交代先のポケモンを倒すことができます。これで3タテすることもしばしば。
また特性はマジックガード一択だと思います。
例えばマジックガードなら宿り木の種のような定数ダメを稼いでくる技を打ってくるナットレイなどのポケモンに無償降臨してアンコ金縛りをする、など動きに幅が出るからです。また、他特性であれば2回ステロダメが入ってしまうと意地っ張りスカーフガブリアス地震フーディンが落ちてしまうので裏のマリルリの起点にすることができなくなってしまいます。
 
このポケモンの面白さや立ち回りは語り切れるものではないので、1度使ってみてください!
 
 
マリルリ@オボンの実
f:id:M_Prune:20160314015554g:plain
 
特性:ちからもち
性格:意地っ張り
努力値:H36 A252 B116 D4 S100
実数値:180-112-115-×-101-83
技:じゃれつく、はたき落とす、アクアジェット、腹太鼓
 
H:4n調整
A:ぶっぱ
S:4振りポリゴン2抜き抜き
残りB 余りD 
NNみずたまりる
このニックネーム気に入ってます✨
 
フーディンがアンコールしたマリルリには効果がいまひとつ技、もしくはフーディンマリルリへの有効打を金縛ったポケモンの前で腹太鼓をしてアクジェするエースです。
マリルリが貰うダメージがゴツメなどの定数ダメージや、ガルーラの猫騙しといった物理技ばかりなのでHを削りBに努力値を回しました。
腹太鼓してもアクアジェットではポリゴン2が倒せず返しの1撃でやられますし、マリルリミラーやS振りクチートに勝つためにSにも結構振ってます。
フーディンにじゃれつくを縛られたクチートや電気技を縛られたボルトロスなど、スタンパのマリルリには考えられない相手を前に腹太鼓を積むのは気持ち良いです⚓️
Hに振ったメガガルーラメガクチートなどもステロが入ればアクアジェットで飛ぶのでステロの恩恵をよく受けてます。
 
 
ヒードラン@食べ残し
f:id:M_Prune:20160314015615g:plain 
 
特性:もらいび
性格:穏やか
努力値:H204 B4 C30 D188 S84
実数値:192-×-127-154-165-108
技:マグマストーム、毒毒、守る、大地の力
 
ギルガルドや特殊草、フェアリーを見る係です。ギルガルドジャローダが相当きついのでこの子でなんとかします。
普通の穏やかドランですが良い働きをしてくれました。
 
 
f:id:M_Prune:20160314015831g:plain 
 
特性:浮遊
 
性格:控えめ
 
努力値:H252 B248 C4 S4
実数値:157-×-158-138-127-107
技:ボルトチェンジ、電磁波、めざめるパワー(氷)、ハイドロポンプ
 
ボーマンダのために用意した駒です。
バンドリマンダ、マンダマンムーなどを処理してくれる係です。
控えめなのは眼鏡で使う予定だったのを物理受けにしたからなので、図太いでいいです()
持ち物が達人の帯なのは役割対象に全員抜群がつけるので負担をかけていきたかったからです。耐久に振ったボーマンダとかが羽休めで粘ってくるんですが身代わりと電磁波の択をできるだけ少なくするために達人の帯を採用したのは正解でした。
 
 
 
f:id:M_Prune:20160314015602g:plain
 
特性:鉄の棘
性格:のんき
努力値:H252 B252 D4
実数値:181-114-201-×-137-22(最遅)
技:ジャイロボール、タネマシンガン、宿り木の種、はたき落とす
 
ヒードランと同じくフェアリー、草と戦ってくれる戦士です。ナットドランの並びも優秀。
裏選出で戦っていく際に物理に投げてゴリゴリ削り、ヒードランを選出してない時も後攻はたき落とすでフーディンの天敵ギルガルドと戦うこともできる万能戦士です。
守るを切っていますが相手の削りが目的なので、欲しい場面はありましたが困ることはなかったです。
 
【まとめ】
裏選出(ナットドランミトム)のチョイスがあまり良くなかったのできつい構築にはとことん勝てませんでした💦
マリルリのアクジェで倒せない敵が多い時などは基本選出(ガブ、フーディンマリルリ)をせず、安定した立ち回りができる子を連れて行ったほうが良いと思います。毒守以外のギルガルドがいるパーティやボーマンダ軸には基本選出ではまず勝てません。
ただ、その分基本選出ができたときはほぼ勝てますし、使ってて気持ち良いのでハマります!
 
大まかな試合の仕方をいくつか説明します。ここからは敬語を省略します。
 
・対面厨パ、結論パ
選出:ガブ→フーディンマリルリ
ガブでステロを巻き、フーディンで起点を作りマリルリで抜いていく
ガブガルゲンボルトバシャスイクン、みたいなパーティに対する勝率は90%くらいでした。この類のパーティは多かったですし、来たときはむしろラッキーと感じました。
 
・カバルカカイリュー
選出:ガブ→フーディンマリルリ
 
ガブでカバに毒毒を入れ、ステロを撒いた後カバが倒れるまでフーディンとサイクルする。(フーディンは特性マジックガードなのでステロダメを食らわない)
雑にガブを捨てても、ルカリオカイリューどちらでもフーディンで相手することができる。カイリューならマルチスケイルをトレースすることも可能。フーディンは思ってるより物理特殊ともに硬いので1発は様々な攻撃を耐える。
例えば、メガルカリオの攻撃もアイアンテール以外は耐えます。
 
・害悪パ
選出:ガブ→フーディン→ナットorマリルリ
ガブの持ち物がヤチェなのでボルトロスには強め。また岩石→ステロでメタモンの襷を潰したりオニゴーリを削りフーディンのサイキネで身代わりを張らせないようにする。(ステロ+サイキネで落ちることもあった)
フーディンは縮小ピクシーにまず負けない。
フーディンマリルリの並びを見て腹太鼓を警戒しメタモンが選出されることも多かったのでメタモンに強いナットレイの選出がよい。(オニゴーリの身代わりもタネマシンガンでワンチャン壊せる)
マリルリもオボンの実を持ってるので対面ならメタモンに勝てる。
 
他の構築の処理方法は割愛させていただきます。「これは?」など、気になる方は気軽に質問してください!できるだけ答えます!
 
ここまで読んでいただいた方本当にありがとうございました!(^O^)
普段使わないポケモンを使うのもいいものですね!!では次のシーズンも頑張りましょう!💪
 
 
質問、意見などはTwitterの方へ気軽にどうぞ!
Twitter: ぷるる(@M_Pru_N)