みきぷるーんの苗木

理想と妄想と現実

ブログトップ

初めまして。

このブログでは主にポケモンについての記事を書いていこうと思っています。

ポケモン初心者の方にも試してみようかな?って思っていただけるよう、型だけでなく立ち回りなども詳しく説明していくつもりなので毎回構築記事は長くなると思いますが、よろしくお願いします🙇

 

シングルがメインですが、ダブルやローテなどの他ルールもよくやっています。

 

SMはたまに遊ぶくらいでエンジョイしてます。

時々ブログの閲覧数を見に行くのですが、いつもこんな古びた記事を見てくれてる方がいるようで嬉しさが爆発しそうです。

例えSMの記事だと間違えて開いてしまった方でも構わないのでご覧になった方は是非連絡ください!!!!!

 

なにか質問や意見などがあれば気軽にTwitterの方へどうぞ!

ぷるる(@M_Pru_N)/Twitter

 

闇べす杯3rd〜準優勝〜

こんばんは🌙

とりまトプ画用のティアちゃんを貼っておこうと思います。可愛い。シャドバやります。

f:id:M_Prune:20171110220355j:image

 

仲良しのフォロワーさんが大会を開いていたので参加させていただきました!

結果は2位でした!

 

第1回にも参加しているので、よければこちらも👏↓
http://m-pru.hatenadiary.jp/entry/2016/11/11/003036

 

これが今回の大会のルールを簡単にまとめたものになります🙌

 

そしてこちらが選んだ10パートナーズです⚡️

 

⭐️ まず10パートナーズについて…
今回は各世代のポケモンを1〜2体入れなければならないということで10パを作るのに苦労しました。
まずメガ枠に型が豊富な上、使い慣れているボーマンダとゲンガーを採用。
そこから各世代の相性がいいポケモンを固めていきました。
また今回は抜きエース枠を自由枠に持ってきたらパーティが完成する、そんな10パになるように意識しました。
例えばドリュウズを入れたら「バンドリマンダ」、ウルガモスを入れて「ウルガマンダ」といった感じです。抜きエースを隠すことで対策されないように心がけました。
そして相手のエースのストッパーになり、強い選出抑制となり得るチルタリス、カプレヒレといったポケモンを添えていった感じです🙌

 

⭐️予選〜クルマユブロック4勝1敗〜

 

⚔1戦目(vs かっつん)⚔ -Win-

ぷ→ボーマンダウルガモスジャローダ
か→ジバコイル、カプレヒレ、ドクロッグ

オシャレな自由枠ドクロッグさん、舐めてましたが意外と10パに刺さってて盲点でした💦
ウルガモスで抜くつもりだったんですが、ジャローダが思ってたより頑張ってくれました。

 

⚔2戦目(vs けんけろ)⚔ -Lose-

ぷ→ゲンガー、モロバレルギルガルド
け→ギガイアスドリュウズミミロップ

動きが想定と違ってたのでかなり焦ってた💦 ドリュウズにパーティ半壊させられそのままミミロップで締められました😂

 

⚔3戦目(vs びーつ)⚔ -Win-
ぷ→ガブリアスブラッキーボーマンダ
び→アブソル、ガブリアスバシャーモ

毒まもメガアブソルという初めて見た型をぶつけてきたびーつくん。見たことない型に翻弄された上に、岩石封じ外したりなんかアタフタした試合だったけど勝てました💪

 

⚔4戦目(vs gout)⚔ -Win-

ぷ→ドリュウズボーマンダギルガルド
G→ヘラクロスムクホークニドクイン

自由枠に選んだ型破りドリュウズが見事にぶっ刺さっており、実際の試合ではボーマンダが頑張ってくれたんですが、選出誘導係として一躍買ってくれたと思います✨

 

⚔5戦目(vs ヤマ)⚔ -Win-

ぷ→ガブリアスボーマンダボルトロス
ヤ→バシャーモベトベトンアシレーヌ

初手のバシャーモに1.5体持っていかれヒヤヒヤしてましたが、ボーマンダがなんとか逆転してくれました。悪タイプに悪戯心補助技を打ってにわかを晒しました😇

 

🔥🔥🔥決勝トーナメント🔥🔥🔥

 

⚔1戦目(vs nYq0)⚔ -Win-

ぷ→ゲンガー、ボーマンダウルガモス
n→ポリゴン2キノガッサアシレーヌ

ラグラージからの積み展開がかなりきつかったのでエナジーボールを採用した技範囲ゲンガーを初手に投げました。
ポリゴン2はHBを予想してたので格闘Z+へど爆で処理する予定だったんですが、格闘Zのダメージが計算よりも少なく、Dに振ってる可能性を考慮し2発目は気合玉を打ちました。とても怖かったです😥
その後キノガッサに突破され、ボーマンダを死に出し。身代わりでキノコの胞子を避けて降参が選ばれました。

 

⚔準決勝(vs hiyoko)⚔ -Win-
ぷ→ボルトロスウルガモスギルガルド
h→ポリゴン2フェローチェジバコイル

10パに雨ギミック、ラグマンダ、厄介な鋼、抜き性能が高くこちらの10パに刺さっているフェローチェがいてかっなり悩まされました😰
前の試合で自由枠にポリゴン2を選ばれていたのに、あまり考慮しておらず選出画面で少し焦りました💦
補完の取れた鋼タイプが3体いて、結構きつかったのでウルガモスを自由枠に連れていってたのですが、ポリゴン2の対策も兼ねてくれてたので助かりました👏

 

⚔決勝(vs くー)⚔ -Lose-
ぷ→バンギ、ギルガルドバシャーモ
く→ルカリオマリルリポリゴン2

襷バンギで起点を作ってバシャーモで抜いていく流れを想定して初手バンギ投げ。
なんやかんやあって負けました😭

 

〜まとめ〜

SM環境はあまり好きではありませんでしたが、今大会は凄く楽しかったです!
Z技が使い勝手良くてメタ張りに幅が出ました。
対戦してくださった方、運営ありがとうございました!
あと応援してくださった方や、10パを褒めてくれた方々もありがとうございます、嬉しかったです😌

闇べす杯〜まとめ〜

こんばんは🌙

仲良しのフォロワーさんが開いた大会、その名も"闇べす杯"に参加させていただきました!

 

少し制限がある10パートナーズルールです。

f:id:M_Prune:20161111002222j:image

 

参加することになったときThe Last Festivalが盛り上がっており、10パートナーズルールをやってみたいな、と思っていたので開催してくれて本当に嬉しかったです😊

 

🌟パーティ紹介🌟

使用した10パートナーズはこちら

f:id:M_Prune:20161110222051j:image

 めちゃくちゃ考えて決めました!フーディンアイデンティティ枠ですが、全くもって舐めプではないです。

 

全て説明してると長くなるのでポイントだけお話しします( ˘ω˘ )

 

・まずメタゲームである以上相手がレートでは見かけないような型を使ってくる可能性が高いので、それをぐちゃぐちゃにできるフーディンを採用。

 

・絶対に対策を切れないポケモンであるバシャーモを選出段階から抑制するためにマリルリファイアロークレセリアを採用。

マリルリフーディンとの並びもGood!

 

 ・相手のパートナーズに合わせて様々な型を使えて、なおかつ選出を誘導することができるゲッコウガバシャーモポリゴン2を採用。

 

あとは補完をとりながら使い慣れているポケをいれました。

相手に10体+未知のポケが1体加わるとなると、全てを対策するのは厳しいので選出を誘導しこちらの勝ち筋を通しやすいパーティを組むことを意識しました。

 

🌟対戦について🌟

 全員分詳しく解説してるとものすごい量になるので感想や構築を組む段階で考えていたことなどをお話しします。

 

⚔みやぁ戦⚔ -Win-

f:id:M_Prune:20161111000725j:image

ステロの刺さりが非常に良い上、雨以外の全員に強く出れるので襷ドリュウズを連れてきました。

また鬼羽ファイアローの刺さりも良かったのでそれを軸に表選出を組みました。

本当にオコリザルが見れるとは思ってなかったので嬉しかったです!🐒

 

⚔りく戦⚔ -Win-

f:id:M_Prune:20161111000738j:image

バシャーモがあまりにも刺さっているため、バシャを選出誘導し自由枠はマリルリファイアロー、そして電気の一環を消すライボルトがくると考えました。

そこでマリルリアローの対策になりながらライボルトに勝てる毒ボルトを採用。

そして刺さっているバシャーモを軸に立ち回ることにしたのですが、いざ対戦になるとドククラゲを完全に舐めきっており辛かったです。最後はドククラゲの火力が控えめだったおかげで助かりました😥

 

⚔べす戦⚔ -Win-

f:id:M_Prune:20161111000750j:image

バシャーモを通して勝ちにいくことを想定し、シャンデラを倒すためにはたき落とすを覚えさせました。

またボルトロスランドロスもバシャではきついのでポリゴン2を採用。

対戦に入るとポリ2があまりに刺さっていました。最後はダイナミック降参で笑いました🙌

 

⚔ハルト戦⚔ -Lose-

f:id:M_Prune:20161111000804j:image

フーディンを全然使えていなかったのでそろそろ使いたい!と思い採用しました。

フーディンマリルリで戦うにあたり、ツボツボのねばねばネットが怖かったので初手は挑発とステロそして岩石封じを覚えるキリキザンを採用しました。

フーディンとの相性もよく珠偽装もできるのでこれはレートでも使えると確信しました。

結果はフーディンマリルリがガンメタされており完敗でした💦

 

⚔たいそん戦⚔ -Win-

f:id:M_Prune:20161111000823j:image

ラティハッサムやカバリザという強力な並びにキノガッサがいたので考察に悩まされました💧

まずめざ炎ゲッコウガを軸にしようと思い、厳選しました。

当初はラムの実を持たせる予定でしたが、読まれると思い、パーティ全体で並びを対策していくことにし眼鏡ゲッコウガと鉢巻ファイアローで負担をかけていく構築にすることに決めました。

相手はバトンエーフィを軸にしたパーティを使用しており予想は外しましたが、見事にこの並びが刺さっていた思います。

 

⚔けんけろ戦⚔ -Lose-

f:id:M_Prune:20161111000831j:image

バトンバシャーモからのスイクンで全員倒せると思いそれを軸にパーティを組みました。

そしてこの並びではきついポケモンがいた場合1:1交換をするためにメガゲンガーを採用しました。

見事にバトンが刺さり勝てるかと思いましたが、相手のエアームドが吹き飛ばしを持っているのでは?という深読みをしてしまい、負けてしまいました😭

 

⚔beats戦⚔ -Win-

f:id:M_Prune:20161111000837j:image

以前彼と悪統一について構築を話し合い読まれないギミックなどを一緒に考えたため、以前話したギミックを使われたらどうしよう…と不安で仕方なかったです😨

結局相手に展開される前にこちらのやりたいことを押し付ける作戦をとることにし刺さっているバシャーモ、そして自由枠にニンフィアを連れてバシャニンフを並びを作りました。

耐久に振ったニンフィアがよく刺さっていたと思います。

 

⚔がいる戦⚔ -Lose-

f:id:M_Prune:20161111000845j:image

ドリュウズの刺さりが良いと感じ初手に連れていきました。

また広く有効打を与えられるアタッカーメガゲンガー、高い火力で圧力をかけられボーマンダに強い眼鏡ボルトロスを採用しました。

彼は最速ボーマンダを使っているイメージがなかったので、メガボーマンダにゲンガーを投げましたが散っていきました…😫

 

⚔くー戦⚔ -Lose-

f:id:M_Prune:20161111000851j:image

10パートナーズに嫌なポケが多かったです。

害悪戦術に負けるのを非常に嫌うので、挑発や身代わりといった技をほぼ全てのポケに覚えさせました。

結果は負けてしまったのですが最後勝ち筋がまだ残っていたのに試合を放棄してしまったので、非常に後悔が残る対戦になりました…😥

 

⚔えみつき戦⚔ -Lose-

f:id:M_Prune:20161111000856j:image

ボーマンダの選出を抑制し、バシャーモを通すプランを立てていましたがボーマンダを選出され厳しい試合となりました。

バシャのストーンエッジ警戒してくれないかな?っていう願望プレイもしましたが、相手を動揺させるだけで全く意味がなかったです🙏

 

⚔まいなす戦⚔ -Win-

f:id:M_Prune:20161111000903j:image

バシャを止めるためにマリルリファイアローのどちらかは必ず来ると思ったので、悪巧みボルトロスを通していくプランで行くことにしました。

初手マリルリゲンガー対面という圧倒的出し負けから始まったら試合です。

受け先もおらず、ヘドロ爆弾を耐える調整にしていたので突っ張っりましたが鬼火ヘド爆型だったら普通に負けていたと思います💦

 

⚔チカゲ戦⚔ -Win-

f:id:M_Prune:20161111000907j:image

クチートボーマンダというこちらの10パートナーズに刺さっているメガ枠に加えて、それらの対策になるポケに強いカメックスの存在が非常に厄介でした。

こちらのポリ2の自覚のおかげでなんとか勝てましたが、非常に厳しい戦いでした🙌

 

 

結果は8勝4敗で5位でした✋

5位まで入賞にしてくれたべすくんは神かな?

 

初めての10パートナーズルール、凄く楽しかったです!!メタゲームの奥深さや面白さを少しでも感じれたのでとても満足しています!

この大会を開催し誘ってくれたべすくん、本当にありがとうございました!

 

主催者による総括→http://bsraim541.hatenablog.com/entry/2016/11/10/220825

 

他の方の記事のURLも貼ってあるので是非ご覧ください😊

くーshine杯使用パーティ〜3位入賞銅メダル〜

【はじめに】

こんばんは。

仲良しのフォロワーさんが大会を開いていたので参加させていただきました!

3位という華々しい結果を残せたので、軽く記事を書くことにしました!

 錦織圭選手と同じく銅メダルです。

 f:id:M_Prune:20160815231341j:image

 

簡単にルールを説明すると、5世代までのポケモンは使用可能。メガ石の使用とジャローダオニゴーリの使用を禁止。

ローブシンラティオスサザンドラキノガッサバシャーモ、これらのポケモンはパーティに1体までしか入れることができない。

というものです。

 

【構築】

パーティはこちらになります。

 f:id:M_Prune:20160815232647p:image

 

ガブリアス@ロゼルの実

 f:id:M_Prune:20160314015608g:plain

 

努力値:hAS

技:地震、岩石封じ、ステルスロック、毒毒

 

命の珠マリルリのじゃれつく(半減実)+アクアジェット耐え

地震×2とさめ肌ダメージでH振りマリルリを確定

 

今回の大会でマリルリが非常に強力であると考え、敢えて初手に誘うパーティにして倒せるようにしました。

ちなみにマリルリは一度も選出されませんでした💧

 

マリルリ@命の珠

f:id:M_Prune:20160314015554g:plain

 

努力値:HAs

技:滝登り、馬鹿力、じゃれつく、アクアジェット

 

無振りウルガモスアクアジェットで高乱数1発

無振りバシャーモアクアジェットを75%で1発

 

この大会のルールにおいて強力なバシャーモウルガモスを見る係です。

マリルリ対策でギガドレインを搭載ウルガモスにも勝つため命の珠をもたせました。

また面倒くさいナットレイを狩るために馬鹿力も搭載しました。

 

ちなみに、非常に刺さっていましたが想定通りの立ち回りは一度もできませんでした💧

 

ブラッキー@ゴツゴツメット

f:id:M_Prune:20160815231208g:plain

 

努力値:HB

技:毒毒、癒しの鈴、イカサマ、月の光

 

Hにあまり振ってないパルシェンを殻破後イカサマで1発

 

パルシェンが強力だと感じ、特性は精神力にしました。

ガブリアスなどの強力な物理アタッカーに対するストッパーです。

 

ちなみに、印パルシェンとは当たらず選出回数は一度もありませんでした💧

 

クレセリア@食べ残し

 f:id:M_Prune:20160815230509g:plain

 

努力値:hCS

技:サイコショック、冷凍ビーム、瞑想、身代わり

 

最速キノガッサ抜き、食べ残し込みでガブリアスの逆鱗2耐え

 

レートでもよく使ってる個体でメガゲンガーメガガルーラがいない環境だと相当刺さっているのでは?と感じ採用しました。

サンダーやヒードランといった強力なポケモンを起点にすることができるので非常に強かったです。今大会のMVPです🙌

 

ボルトロス@オボンの実

f:id:M_Prune:20160815231159g:plain

 

努力値:HB

技:10万ボルト、めざめるパワー(氷)、焼き尽くす、悪巧み

 

バシャナットサンダーやナットブルンのような不快サイクルにeasywinしたいと思ってこのような技構成にしました。

またパーティ単位で重いマリルリや氷4倍龍への駒として採用しました。

 

ちなみに不快サイクルとは一度も当たりませんでした💧

 

トゲキッス@ラムの実

 f:id:M_Prune:20160815231202g:plain

 

努力値:hCS

技:エアスラッシュ、悪巧み、アンコール、身代わり

 

カバルドン展開のようなパーティやレパガッサメタモンのようなパーティ、受けループに対する駒。

本来害悪対策として採用したんですが、ラムの実を食べることになるようなパーティと当たりませんでした💧

ですがアンコールによる起点回避ができて非常に強かったです。

 

 

優勝できず悔しい思いをしていたのですが、3位になることができ自分が一番欲しかった景品が貰えたのでプラマイ0ですね😊

 

レートではできない大会ならではのルールで遊べたのはとても楽しかったです!

またこのような大会に参加したいな、と思いました🎵

 

運営のくーくん、対戦で当たった方々本当にありがとうございました!✍️

【S16使用構築&最高レート2076】2種展開積み(壁、バトン構築)

 【はじめに】

こんにちは。

2回目の構築記事になります。

今シーズンは最高レートを更新することができたのでその記念に記事を書くことにしました🎵

前回同様、とても長い記事になっていますがお付き合いください🙌

 

【記事について】

紹介するパーティはこちらになります。

f:id:M_Prune:20160718130029p:image

記事では飯テロをする予定だったのですが、構築と関係性のある食べ物の画像が見つからなかったので今回はトレーナーカードにしました👏

 

 また最高レート2076と書いてますが、2100以上に行く気満々だったので画像を残しておらず、その後のPGLのスクショのみになります。ご了承ください🙇

f:id:M_Prune:20160718100215j:image

 

 【構築について】

壁から展開していくパーティを作りたいと思い、先制で壁を貼れタイプも優秀なクレッフィを採用。

壁下の数値の高さを盾に殴ることができクレッフィとのタイプ相性が良いメガゲンガー

壁下で安全に積んで戦っていくエーススイクン霊獣ボルトロス

このように採用していきました。

これだけでもかなり使いやすいパーティだったのですが、積みエースのSの遅さが少し気になり、バトン展開も組み込めば強いのでは?と考えました。

そこでメガバシャーモを採用。

そしてキノガッサがいるとスイクンを出しにくいという問題を解消するためにステロ要因としてガブリアスを採用しました。

 

【個別紹介】

ゲンガー@メガ石

 f:id:M_Prune:20160718125740g:plain

特性:浮遊→影踏み

性格:臆病

努力値:H188 C68 S252

実数値:159-×-80-159-95-178

(メガ後):159-×-100-199-115-200

技:鬼火、祟り目、ヘドロ爆弾、身代わり

 

Sは最速

Cは鬼火のスリップダメージ2回+祟り目でガブリアスが確定

残りHに振りました。(16n-1になって綺麗!)

 

クレッフィの壁下で戦う積まないエース枠。

めちゃくちゃ強かったです!物理ポケ相手に上から鬼火を入れ、壁+火傷により物理ポケモンを機能停止にすることができます。影踏みとの相性もよく、火傷が入った相手を前に身代わりを残して倒し次の敵と対峙するのが理想的な流れです。メガゲンガーを1撃で倒せない物理技は壁下火傷(1/4になる)で身代わりが耐えるのでダメージ感覚も分かりやすいです👍

身代わり採用なのにHPが4n-1wwってなりますが、この身代わりは何度も出すものではないので全く困りませんでした。スリップダメージを受ける場面が多かったのでむしろ16n-1で良かったと感じました。

 

クレッフィ@光の粘土

 f:id:M_Prune:20160718125745g:plain

特性:悪戯心

性格:図太い

努力値:H252 B252 D4

実数値:164-×-157-×-108-95

技:リフレクター、光の壁、イカサマ、電磁波

 

陽気ガブの地震2耐え

残りD

 

よく威張らないクレッフィは優しいと言われますが使ってみると凄く強くて、全然優しくないなと感じました😇

主に先発で壁を貼って裏に繋げる係です。

壁貼り要員は壁さえ貼ればお荷物になる印象があったのですが、先制で壁を貼れるというだけで残す価値があり、また優秀なタイプによって壁が切れてからでも後出し→壁という動きができます。また先制電磁波やイカサマによって起点になることも少なく、電磁波と祟り目の相性が良いという神ポケでした✨✨

 

バシャーモ@メガ石

f:id:M_Prune:20160718125235g:plain

特性:加速

性格:腕白

努力値:H252 B196 S60

実数値:187-140-126-×-90-108

(メガ後):187-180-137-×-100-128

技:フレアドライブ、ビルドアップ、バトンタッチ、守る

 

1加速で最速ゲッコウガが抜ける

残りHB

 

バトン選出の要。

1回ビルドアップを積めば鉢巻ファイアローのブレバすらも耐え、物理ポケならなんでも起点にしていく様は圧巻でした。

バトン後も仕事をしてくれることも多く非常に強かったです。

霊獣ボルトロスと組ませているのでバトンを読まれやすく、後出しで化身ボルトロスがよく出てきますが皆挑発をしてくるのでフレアドライブを選択するのが良いと思います。

メガ前特性についてですが、ゲンガーとバシャーモを同時選出した際にバトンするかもしれないし…?と思って加速で妥協しましたが、そういう機会は一度もありませんでした😔

やはりメガバシャのメガ前特性は猛火の方が良いかもしれません。

 

 

ガブリアス@気合いの襷

f:id:M_Prune:20160718125734g:plain

 特性:鮫肌

性格:陽気

努力値:H60 A4 B188 D4 S252

実数値:191-151-139-×-106-169

技:地震、岩石封じ、ステルスロック、毒毒

 

調整や詳しい立ち回りは前回の記事を参照ください👻

貼っときますね〜😎(宣伝)

http://m-pru.hatenadiary.jp/entry/2016/03/15/103958

 

前回の記事ではヤチェの実を持たせて使ってましたが今回はです。

ガルーラと殴りあえる耐久を残したいが特殊高火力ポケに対してステルスロックを撒いて少しの削りを入れたいと考えた結果、耐久振りに襷を持たせることになりました()

どのみちガルーラはバシャーモの起点になるためステロさえ撒ければ良いので、ヤチェだったら…って場面は一度もなかったです。

またバシャーモに繋げる際に初手守るかいきなりビルドアップを積めるかの択になるので岩石封じでバシャが守ってSを上げる必要のない状態にしておくと非常に良いと思います。

キノガッサジャローダの襷を潰すだけでなく、耐久に振ったボルトロスなどもスイクンの1積み冷凍ビームで倒すことができるようになったのでステルスロックを採用して良かったです。

また、クレッフィという一般的に厄介だと考えられているポケモン選出誘導力の高さから、初手にウルガモスヒードランといったガブリアスに弱いポケモンが多く出てきたので初手に出せば出し勝ちすることが多くステロ枠はガブリアスが一番しっくりきてるように感じました。 

 

霊獣ボルトロス@オボンの実

f:id:M_Prune:20160718125754g:plain

特性:蓄電

性格:臆病

努力値:H244 B228 S36

実数値:185-×-119-165-100-138

技:10万ボルト、めざめるパワー(氷)、気合い玉、悪巧み

 

1加速で135族抜き抜き

残りHB

 

積みエース1体目。

壁下で余裕を持って悪巧みを積んだ後の突破力は目を見張るものがありました。

また弱点保険を警戒されるせいか、抜群技を何故か撃たれないこともあり助かりました💪

バトンではDが上がらないので選出したのはだいたい壁展開の時ですね。

ガルーラの猫騙しや不意打ちをよく受けるのでBに厚く振っていますが、少し振りすぎた気もするのでCに回してもいいかもしれないです!

このパーティが誘う化身ボルトロスにも強くでれるので、非常にマッチしていたと思います。

 

 

スイクン@カゴの実

 

f:id:M_Prune:20160718125750g:plain

特性:プレッシャー

性格:図太い

努力値:H252 B188 S68

実数値:207-×-174-110-135-114

技:熱湯、冷凍ビーム、眠る、瞑想

 

1加速バトンで最速ガブリアスが抜ける

残りHB

 

積みエース2体目。

壁展開、バトンどちらで選出しても圧倒的に強かったです。

ねむカゴという戦術自体が厄介なカバルドン絡みのパーティやバトン先に状態異常を入れてなんとかしようとしてくるパーティに刺さり、強力だと感じました。

また2ウエポンにしたことでスイクンの対策としてよく用いられるジャローダキノガッサボルトロスなどに対しても強くでることができました。

壁展開でもバトン展開でも安全に瞑想ができるのでタイプ相性関係なく誰でも起点にすることができ、詰ませ性能の高さは凄まじかったです。

 

【まとめ】

この構築の選出はスイクンボルトロス、ゲンガーから相手に刺さってるエース枠を選び、その後どのように展開するか決めていきます。

めちゃくちゃ刺さってるエース枠がいるのに相手の襷枠が面倒だな…と感じた時はガブリアス+バシャーモorクレッフィ+エース枠という出し方をします。

 

また、2000台でパーティを回していたとき有名な生主やCAS主と当たったときその都度放送を見に行ったんですが、この構築が壁展開であることやバトン展開であることは読まれても、壁クレッフィからのバシャーモのバトン展開という予想をされることが多く、初手にガブリアスが出てくることや壁下でゲンガーでエースとして出てくることはあまり読まれなかったように感じます🤔

そういう点では意表をつく立ち回りができて面白いかもしれないですね💡

 

カバルカのカバのような吹き飛ばしを持った耐久ポケ絡みのパーティがきつかったです。

倒すまでにこちらのパーティがステロや砂でかなり削れてしまいますし、なかなか上手く立ち回れず苦労しました。

またナットレイを含むサイクルが重く本当に辛かったです💦

ここは改善するなら1番に対策するところでしょう。

 

まだまだ改善点が多い構築ですが、壁展開やバトン展開といったものに可能性は感じました!🌟

 

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました!

質問や意見などがあれば気軽にどうぞ!

Twitter:ぷるる(@M_Pru_N)

 

【S14使用構築&最高レート1999】みずた まりinインド (メガフーディン軸)

【はじめに】

 
こんにちは。
題名はふざけてますが、初めてのちゃんとした記事なので頑張って書きました!
かなり長いですがお付き合いください🙌
 
ナンとカレーって美味しいですよね〜🎵
先日友達にインドカレーの店に連れて行ってもらったのですが、生まれて初めての本格的なカレー屋さんで、その美味しさに感動しました✨
f:id:M_Prune:20160314125932j:image
(画像はあるカレー屋さんから借用)
 
さて、皆さんシーズン14お疲れ様でした!
 
フーディンという初めて使うメガポケモンを軸としたパーティで不安しかなかったのですが、最高レート1999というところまで来ることができたことは嬉しく思います🌟
 
 
正直レート2000に載せることができなかったですし個人的にはまだまだ煮詰めていける構築だと思っているので、記事を書くつもりはなかったのですが「記事を見たい!」という方が多くいたので書くことにしました。背中を押してくれてありがとうございます🙇
 
まず今回紹介したいパーティを組むに至った流れですが、今シーズンは普段使わないポケモンで遊びたいな、と思っていたところナワジョティというインドカレー屋さんのツイートのコピペがTwitterのTLに流れてきたのでインドっぽいポケモンフーディンを使おうと思いました。感謝でいっぱいです。ナマステ🙏🙏
 
どうですか?じわじわきませんか?w
 
ですが、いきなりパーティを組むのは難しいと思ったためフーディンを軸としたパーティをネットで調べ、様々な記事を参考にしながらパーティを組んでいきました。そこで注目したのはフーディン起点作り性能の高さとタイプ相性を利用したフーディンキザンやフーディンマリルリという並びです。
どちらも試してみたのですが、今のレート環境に多い対面厨パへの動きやすさを考えると、キリキザンの火力では物足りなく、また先制悪技よりもマリルリ先制水技の方が通りが良いと感じたため、フーディンマリルリの並びを採用しました。
 
 
前置きが長くなりましたが今回紹介したいパーティはこちらです。
 
f:id:M_Prune:20160314015115g:plain f:id:M_Prune:20160314015554g:plain  
 
f:id:M_Prune:20160314015608g:plain f:id:M_Prune:20160314015602g:plain
 
f:id:M_Prune:20160314015615g:plain f:id:M_Prune:20160314015831g:plain
 
【個別解説】
ガブリアス@ヤチェの実
f:id:M_Prune:20160314015608g:plain
 
 
特性:鮫肌
性格:陽気
努力値:H60 A4 B188 D4 S252
実数値:191-151-139-×-106-169
技: 地震、岩石封じ、ステルスロック、毒毒
 
A特化メガガルーラの秘密の力2発をどちらの攻撃も最高乱数を引いたとき以外耐え
A特化メガガルーラの冷凍パンチをヤチェ込みで最高乱数以外耐えする調整になっています。
 
ステロを撒いてマリルリの全抜きサポートをするのが仕事で、特にガルーラを意識した調整にしました。
初手でガルーラと対面した際はまずステロから入ります。
秘密の力を打たれた場合は2発目も耐えるので2ターン目は地震を選択し、3ターン目は毒毒か地震を選択します。不意打ちを持っているガルーラは大抵3ターン目は不意打ちを選択してくるのでそこで相手のガルーラの不意打ちの有無を確認します。(上手く択に勝てばガルーラを突破できます。)
冷凍パンチを打たれた時も同じように不意打ちの有無を確認します。不意打ちを打たれても裏のフーディンでアンコールすればこちらが有利に立ち回れます。
またガブガブ対面になっても捨て覚悟でステロを選んでましたが、ほとんどのガブリアスが引いていきました。裏にマリルリヒードランナットレイと逆鱗をキャッチできるポケモンが多くいるので相手としては初手逆鱗を押しにくいのだと思います。
 
このガブリアス単体としては、かなり耐久に振っているので「耐久無振りだろうし倒せるだろう」と思って甘えた立ち回りをしてきた相手を分からせたことが何度もありました。
 
 
フーディン@メガ石 
f:id:M_Prune:20160314015115g:plain
 
特性:マジックガード(メガ後トレース)
性格:臆病
努力値:H100 B244 C12 D12 S140
実数値: 143-×-96-157-117-173
(メガ後)143-×-116-197-117-206
技:サイコキネシス、アンコール、守る、金縛り
 
努力値振りはライカさんという方のフーディンを参考にさせていただきました。
メガ後最速135族抜き、H16n-1で、ダウンロード対策をしながらできるだけ物理耐久を高めています。
 
今回の構築の主役です。ガブリアスが削った相手を倒し、残りの相手を削って起点を作りながら裏に繋げるのが仕事です。
常にどうすれば勝てるか、ということを考えながらプレイすることが求められるため面白いポケモンでした。
メガ後の特性トレースによってメガバシャーモにSを抜かれず処理することができたり、積んだピクシーも天然トレースからのアンコールで対策ができたり、ボルトロスの悪戯心をトレースして電磁波を縛って麻痺せず処理など面白い動きがたくさんできました。
また相手が少しプレミをした際アンコールや金縛りなどの補助技により相手は交換せざるをえなくなります。相手をサイクルさせることが多かったためフーディンとステロの相性は抜群でした。Cに全然努力値を振っていませんが大体の敵を確2で落とせるほどの火力があるので、補助技で相手のポケモンを流し、流し際に1発と次のターン上から放たれる2発目のサイキネによって交代先のポケモンを倒すことができます。これで3タテすることもしばしば。
また特性はマジックガード一択だと思います。
例えばマジックガードなら宿り木の種のような定数ダメを稼いでくる技を打ってくるナットレイなどのポケモンに無償降臨してアンコ金縛りをする、など動きに幅が出るからです。また、他特性であれば2回ステロダメが入ってしまうと意地っ張りスカーフガブリアス地震フーディンが落ちてしまうので裏のマリルリの起点にすることができなくなってしまいます。
 
このポケモンの面白さや立ち回りは語り切れるものではないので、1度使ってみてください!
 
 
マリルリ@オボンの実
f:id:M_Prune:20160314015554g:plain
 
特性:ちからもち
性格:意地っ張り
努力値:H36 A252 B116 D4 S100
実数値:180-112-115-×-101-83
技:じゃれつく、はたき落とす、アクアジェット、腹太鼓
 
H:4n調整
A:ぶっぱ
S:4振りポリゴン2抜き抜き
残りB 余りD 
NNみずたまりる
このニックネーム気に入ってます✨
 
フーディンがアンコールしたマリルリには効果がいまひとつ技、もしくはフーディンマリルリへの有効打を金縛ったポケモンの前で腹太鼓をしてアクジェするエースです。
マリルリが貰うダメージがゴツメなどの定数ダメージや、ガルーラの猫騙しといった物理技ばかりなのでHを削りBに努力値を回しました。
腹太鼓してもアクアジェットではポリゴン2が倒せず返しの1撃でやられますし、マリルリミラーやS振りクチートに勝つためにSにも結構振ってます。
フーディンにじゃれつくを縛られたクチートや電気技を縛られたボルトロスなど、スタンパのマリルリには考えられない相手を前に腹太鼓を積むのは気持ち良いです⚓️
Hに振ったメガガルーラメガクチートなどもステロが入ればアクアジェットで飛ぶのでステロの恩恵をよく受けてます。
 
 
ヒードラン@食べ残し
f:id:M_Prune:20160314015615g:plain 
 
特性:もらいび
性格:穏やか
努力値:H204 B4 C30 D188 S84
実数値:192-×-127-154-165-108
技:マグマストーム、毒毒、守る、大地の力
 
ギルガルドや特殊草、フェアリーを見る係です。ギルガルドジャローダが相当きついのでこの子でなんとかします。
普通の穏やかドランですが良い働きをしてくれました。
 
 
f:id:M_Prune:20160314015831g:plain 
 
特性:浮遊
 
性格:控えめ
 
努力値:H252 B248 C4 S4
実数値:157-×-158-138-127-107
技:ボルトチェンジ、電磁波、めざめるパワー(氷)、ハイドロポンプ
 
ボーマンダのために用意した駒です。
バンドリマンダ、マンダマンムーなどを処理してくれる係です。
控えめなのは眼鏡で使う予定だったのを物理受けにしたからなので、図太いでいいです()
持ち物が達人の帯なのは役割対象に全員抜群がつけるので負担をかけていきたかったからです。耐久に振ったボーマンダとかが羽休めで粘ってくるんですが身代わりと電磁波の択をできるだけ少なくするために達人の帯を採用したのは正解でした。
 
 
 
f:id:M_Prune:20160314015602g:plain
 
特性:鉄の棘
性格:のんき
努力値:H252 B252 D4
実数値:181-114-201-×-137-22(最遅)
技:ジャイロボール、タネマシンガン、宿り木の種、はたき落とす
 
ヒードランと同じくフェアリー、草と戦ってくれる戦士です。ナットドランの並びも優秀。
裏選出で戦っていく際に物理に投げてゴリゴリ削り、ヒードランを選出してない時も後攻はたき落とすでフーディンの天敵ギルガルドと戦うこともできる万能戦士です。
守るを切っていますが相手の削りが目的なので、欲しい場面はありましたが困ることはなかったです。
 
【まとめ】
裏選出(ナットドランミトム)のチョイスがあまり良くなかったのできつい構築にはとことん勝てませんでした💦
マリルリのアクジェで倒せない敵が多い時などは基本選出(ガブ、フーディンマリルリ)をせず、安定した立ち回りができる子を連れて行ったほうが良いと思います。毒守以外のギルガルドがいるパーティやボーマンダ軸には基本選出ではまず勝てません。
ただ、その分基本選出ができたときはほぼ勝てますし、使ってて気持ち良いのでハマります!
 
大まかな試合の仕方をいくつか説明します。ここからは敬語を省略します。
 
・対面厨パ、結論パ
選出:ガブ→フーディンマリルリ
ガブでステロを巻き、フーディンで起点を作りマリルリで抜いていく
ガブガルゲンボルトバシャスイクン、みたいなパーティに対する勝率は90%くらいでした。この類のパーティは多かったですし、来たときはむしろラッキーと感じました。
 
・カバルカカイリュー
選出:ガブ→フーディンマリルリ
 
ガブでカバに毒毒を入れ、ステロを撒いた後カバが倒れるまでフーディンとサイクルする。(フーディンは特性マジックガードなのでステロダメを食らわない)
雑にガブを捨てても、ルカリオカイリューどちらでもフーディンで相手することができる。カイリューならマルチスケイルをトレースすることも可能。フーディンは思ってるより物理特殊ともに硬いので1発は様々な攻撃を耐える。
例えば、メガルカリオの攻撃もアイアンテール以外は耐えます。
 
・害悪パ
選出:ガブ→フーディン→ナットorマリルリ
ガブの持ち物がヤチェなのでボルトロスには強め。また岩石→ステロでメタモンの襷を潰したりオニゴーリを削りフーディンのサイキネで身代わりを張らせないようにする。(ステロ+サイキネで落ちることもあった)
フーディンは縮小ピクシーにまず負けない。
フーディンマリルリの並びを見て腹太鼓を警戒しメタモンが選出されることも多かったのでメタモンに強いナットレイの選出がよい。(オニゴーリの身代わりもタネマシンガンでワンチャン壊せる)
マリルリもオボンの実を持ってるので対面ならメタモンに勝てる。
 
他の構築の処理方法は割愛させていただきます。「これは?」など、気になる方は気軽に質問してください!できるだけ答えます!
 
ここまで読んでいただいた方本当にありがとうございました!(^O^)
普段使わないポケモンを使うのもいいものですね!!では次のシーズンも頑張りましょう!💪
 
 
質問、意見などはTwitterの方へ気軽にどうぞ!
Twitter: ぷるる(@M_Pru_N)